文字の大きさ

大鳥居について

~チタンで建立された鳥居~


永久の輝きに願いを込めて

日本全国のそれぞれの神社には、大小さまざまな高さや大きさの鳥居がございます。その多くは石材または木材で造られ、朱色での塗装が施されているものが一般的に知られております。

鹿嶋神社では、世にも珍しいチタンで建立されており、大きさも日本最大級と評されております。

チタンの大鳥居 写真

大鳥居は時代を超えて

大鳥居の概要
鳥居の形式 (明神鳥居)
寸法 高さ: 26メートル
幅: 35メートル
柱間: 18メートル
柱径: 3メートル
構造 鉄骨、チタンパネル張り
チタン原色
耐久性 1500年
工期 平成9年12月~平成10年11月
施工業者 設計管理: (財)建築研究協会
施工: 神鋼興産建設他

当神社は聖武天皇の御世の創建以来、近隣在郷の人々から、篤き崇敬を受け、多くの人の参詣者を集めています。

さらに周辺の、景勝地である鹿嶋扇平自然公園、市ノ池公園などを訪れる家族連れでの、ハイキング山登りを楽しむ人々が神社への参道をより一層賑わせています。

神社では、建立以来三百有余年を経た本殿の全面改築を、昭和56年に行うとともに、平成6年にはご祈祷殿を建立いたしました。

両社屋とも古い歴史を継承する、平安、鎌倉時代の千鳥破風建築様式を取り入れています。

そして今、古きよき伝統を残しつつも、未来への大きな羽ばたきの為の神社のシンボルとして、平成10年に最新の技術と、夢の超合金としてのチタン材を駆使した大鳥居の建立をいたしました。

今より先、国土の安寧と五穀豊穣、参拝者の皆様方のご多幸の願いを込めて、朝日に輝きつづけることを祈念いたします。

ページの先頭へ